洋服のつけ置き洗いの方法は?時間や使う洗剤の種類は?

洋服を見る女性

洋服のつけ置き洗いは、頑固な汚れを落す際にも役立ってくれる方法です。そのため、つけ置き洗いの正しい方法を把握しておくことも重要になってくるでしょう。今回は、つけ置き洗いの方法について紹介していきますので、ぜひご覧になってみてください。

つけ置き洗いのメリット

まず、つけ置き洗いをするメリットについて考えてみると、つけ置き洗いというのは、優しく頑固な汚れを落とすことができるという方法です。そのため、デリケートな衣類を洗濯する場合にも利用できる可能性があります。

デリケートな衣類というのは、外力によるダメージを受けてしまいますので、つけ置き洗いのように、強く揉んだり、叩いたりしない方法はメリットが大きいのです。あまりにもつけ置き時間を長くしてしまうとダメージを与えてしまうこともありますが、基本的には優しい洗濯方法という認識でよいでしょう。

つけ置き洗いの相性

つけ置き洗いには相性があります。つけ置き洗いにピッタリの相性なのが手洗いといえるでしょう。手洗いの際につけ置き洗いをチョイスすることができれば、その効果を最大限に発揮させられる可能性があります。

手洗いは、デリケートな衣類を洗濯する際によく使う方法になりますので、デリケートな衣類に向いている、つけ置き洗いとの相性はよいのです。また、つけ置き洗いがどんなタイプの衣類に向いているかについても考えてみると、オシャレ着などのデリケートな衣類に向いているといえるでしょう。

オシャレ着などは、ちょっとしたダメージによって型崩れや素材の特性がなくなってしまいますので、そんな衣類を洗うためには、ピッタリなのがつけ置き洗いなのです。

そして、つけ置き洗いは頑固な汚れを落とすのにも向いた方法になっていますので、酷く汚れている衣類を洗濯する場合にもおすすめとなっています。また、酷く汚れた衣類の場合は、長時間つけ置きすることによって、かなりの汚れを落とすことができます。

つけ置き洗いの方法

つけ置き洗いのメリットを確認したら、今度はつけ置き洗いの方法を確認してみるとよいでしょう。まずは、つけ置き洗いをするための容器を用意します。バケツや洗面器などを利用するのがおすすめで、洗濯物によって、温度を調整してください。

温度が高くなることによって、汚れを落としやすくなりますが、温度が高すぎるとダメージを与えてしまう可能性もありますので、洗濯表示をよく確認した上で、温度を設定する必要があるでしょう。

デリケートな衣類の場合は、特に温度は重要になってきますので、しっかりと洗濯表示を確認しておきましょう。水やぬるま湯を容器に入れたら、今度は洗剤を入れましょう。洗剤についても、オシャレ着用の中性洗剤を用意しておくとよいでしょう。

また、頑固な汚れを落とす場合には、漂白剤などを用意しておくのもおすすめです。比較的、丈夫な作業着などのつけ置き洗いをする場合には、漂白剤などを利用すると、かなり白くすることができるはずです。

そして、つけ置き洗いをするわけですが、つけ置き洗いをする時間は、洗濯物によって異なってきます。あまりにも長い時間放置してしまうと、ダメージになってしまいますので、それぞれの状況に応じて設定するとよいでしょう。

デリケートなタイプの衣類を洗濯するのならば、5~10分程度のつけ置きで十分になってきます。そして、脱水については、短時間で洗濯機の脱水をかけるのが一般的です。

デリケートな衣類は、脱水時の外力に弱くなってしまいますので、短時間で終わらせるのがポイントになってきます。少し長めにかけてしまうと、衣類が伸びてしまったりしますので、半分乾いたような状況で、干してしまうのもおすすめです。

時間を調整する

つけ置き洗いは、余計な外力を加えない方法になりますので、つけ置き時間が非常に重要になってきます。あとは、洗剤の力に頼ることしかできませんので、洗剤と時間を調整して、汚れを落とすようにしていきます。

しかし、デリケートな衣類になってくると、強力な洗剤を利用することもできませんし、長時間、つけ置きすることもできなくなってしまいます。汚れの度合いによっては、20~30分程度のつけ置きならば問題なく、ある程度丈夫な衣類ならば1時間前後のつけ置きでも問題ありません。

また、あまりにも汚れた状態で長時間つけ置きをしてしまうと、汚れが綺麗な場所に移ってしまうということも考えられますので、汚れの度合いについてもしっかりと考えておく必要があるのではないでしょうか。

このようなものがつけ置き洗いの方法になっていますので、これから洗濯をするのならば、つけ置き洗いの方法を把握しておくとよいでしょう。つけ置き洗いは色々なタイプの洗濯物に利用することができる方法なので、覚えておくと応用力の高い洗濯をすることができます。また、時間調整をするなどすれば、予想以上に選択肢は広いです。