タオルの黒カビを取る洗濯方法!取り方のコツや原因、予防方法は?

タオルで顔を拭く女性

タオルにカビが生えて、捨てるか待っている人もいるのではないでしょうか。タオルは、肌に直接触れるものになりますので、カビが生えてしまっていては、衛生的ではありません。

しかし、このような状態になってしまったとしても、必ず捨てなければならないというわけではありません。タオルにカビが生えてしまっても、対応することによって、綺麗にある可能性がありますので、今回はその部分を紹介していきます。

タオルにカビが発生してしまう原因

まずはタオルにカビが発生してしまう原因について確認してみると、タオルにカビが生えてしまう理由は、湿ったまま放置してしまうと、カビになってしまうことがあります。タオルというアイテムの性質上、湿ってしまうことは多いので、その状態を維持しないように注意してみましょう。

湿った状態での放置を少なくするだけでも、かなりカビが生えてしまう可能性は少なくなるでしょう。また、タオルにカビが発生してしまう原因は、洗濯槽にも秘密があります。洗濯槽をしばらく洗っていない状態が続くと、洗濯槽の方にカビが発生してしまう可能性があります。

そして、このカビがタオルに移ってしまう可能性がありますので、十分に注意する必要があるでしょう。洗濯槽については、予想以上にカビが溜まりやすい環境になっていますので、定期的に掃除することも重要になってきます。

タオルの黒カビを除去

タオルに発生してしまうカビは、黒カビであることが多いですが、このような黒カビが発生してしまったタオルを洗濯で綺麗にする方法について考えてみます。黒カビは、かなり頑固な汚れに該当しますので、それ相応の洗濯洗剤を利用する必要があります。

通常の洗濯洗剤を利用している場合には、なかなか落とすことができませんので、注意しましょう。このようなカビを落とすためには、酵素系の漂白剤を利用することによって、綺麗に落とせる可能性があります。

酵素系漂白剤を利用しながら、手洗いで洗うことによって、綺麗になってくれるでしょう。基本的には浸け置き洗いになりますので、洗濯洗剤を用意して、タオルを浸け置きできるようにしておきます。

浸け置きする時間については、30分程度が目安になってきますので、30分程度浸け置きをして、洗剤が浸透するのを待っておくとよいでしょう。そして、浸け置きした後には、すすぎに入りますが、3回程度を目安にして、すすぎをするようにすれば、綺麗にタオルから洗剤を落とすことできるでしょう。

タオルを乾燥させる場合には、風通しの良い場所と、直射日光の当たる場所を選択して乾燥させるとよいでしょう。直射日光に当てながら乾燥させることによって、消毒もすることができますので、綺麗な状態を保てるようになります。

このように、黒カビは、少し強力な酵素系漂白剤を利用することによって、綺麗にすることができますので、積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

タオルの黒カビが落ちにくい時

タオルの黒カビについては、かなり頑固な存在だといえます。そのため、洗濯をしても、黒カビがしっかりと落ちない可能性があるのです。このような場合には、タオルを煮ることによって、綺麗にすることができるかもしれません。タオルを煮て綺麗にする方法なのですが、鍋に水を入れて、タオルを沸騰させます。

そして、酵素系漂白剤を利用して、さらに煮ていきます。また、洗剤を加えることによって、さらに効果を高めることができますので、汚れによっては加えてみるのもよいでしょう。そして、弱火の状態にして、10分ほど煮ることができれば、洗濯物が綺麗になってくれる可能性があります。

また、すすぎは洗剤がしっかりと落ちるように何度かすすぎをするとよいでしょう。あとは、普通に乾燥させるだけなので、その他の洗濯物と同じようにするとよいでしょう。

タオルのカビを予防する

タオルにカビが発生してしまうということは、タオルにとって保管する環境が悪いといえます。かなり保管状況が悪くなければ、カビが生えてしまうような状況にはなりませんので、根本的にカビが生えないような状況をつくりあげる必要があるでしょう。まず、タオルを湿ったまま放置しておくと、それだけでカビが生えてしまう可能性があります。

タオルを放置していても、そのまま乾いてくれるような場所ならば、カビは生えないかもしれません。しかし、放っておくと乾かないような場所で放置しておくと、そのままカビになってしまう可能性がありますので、注意が必要だといえるでしょう。

また、洗濯槽を汚いまま放置しておくと、カビになってしまう可能性があります。そのため、洗濯槽の定期的な掃除が必要になってくるといえるのではないでしょうか。洗濯槽を定期的に掃除する癖をつけることができれば、それだけでカビが発生してしまう状況を防ぐことができるでしょう。

また、空気の流れが悪いところに、長期間放置しておくような場合にもカビが発生しやすくなってしまいますので、十分に注意する必要があります。さらに、カビが発生しやすい季節というものもあり、その季節というのが梅雨や夏です。

このような時期は、湿気が多くなっていますので、それだけでタオルにカビが生えやすい状況なのです。このような時期には、ただでさえカビが発生しやすいので、よりいっそう注意深くタオルを管理する必要があるのではないでしょうか。梅雨の時期にタオルを濡れたまま放置してしまうと、それだけでカビになってしまうかもしれません。

このようなものが、タオルにカビが発生してしまった場合の対処法になっています。日頃のちょっとした管理を怠ったからこそ発生してしまったのがカビだといえますので、まずはカビが発生しないようにタオルをしっかりとメンテナンスするとよいでしょう。

タオルを塗れたまま放置しておく行為は、知らず知らずのうちにやってしまう行為でもありますので、この部分から改善していくとよいでしょう。また、盲点ともいえるのが洗濯槽のカビだといえますので、洗濯槽のカビがタオルに移ってしまう前にしっかりと綺麗にしておきましょう。そうすれば、綺麗な状態を保てるはずです。